810億で買収されたインスタグラムはPython初心者によって創業された!起業家はプログラミングを学べ!!

SNSの定番となったインスタグラム

インスタグラムについてはもはや説明不要ですね♪

使ったことがない人でも、名前くらいは絶対に聞いたことがあると思います。

インスタグラムは2012年に10億ドルでFacebookに買収されています。

日本円にして今の価値だと1000億円・・・

インスタグラムはPython初心者によって創業された

Naverまとめ引用

インスタグラムはケビン・シストロム氏(左)とマイク・クリーガー(右)によって創業されました。

(ちなみに真ん中はこじはるです。)

驚くことに、このケビン・シストロム氏はプログラミング初心者からインスタグラムを作り上げました。

(Quoraにてケビン氏が投稿した記事に今回は着目させて頂きます!)

The story starts when I worked at Nextstop. While I was there working in marketing, I started doing more and more engineering at night on simple ideas that helped me learn how to program (I don’t have any formal CS degree or training).  Quora引用

あくる日もあくる日もプログラミングを学んだそうです。

さらにインスタグラムのプロトタイプまで自作してしまいます。

この時の名前は「Burbn」です。

Burbnは位置情報をシェアするアプリです。

このアプリには、位置情報をシェアするだけでなく、写真を投稿する機能もありました。

その写真投稿のシェアに着目したケビン氏は、位置情報アプリから、写真投稿アプリへと進化させます。

そう、これがインスタグラムのはじまりです。

インスタグラムをローンチした日、なんと2万5千ユーザが一気に登録しました。

これによりどうなったか・・・

当然サーバーが大炎上してしまいました。笑

この日を彼は、「人生で最高で最悪な日」としています。

プログラミングを学ぶことが起業に必須な時代が来ると思う

私の考えですが、起業家は絶対にプログラミングを学ぶべきだと思います。

なぜなら、プログラミングができることで、サービスを自らの手ですぐに作ることが可能であるからです。

アイデアがあった際に、いざ作ろうと思ってもプログラミングができないと作れませんし、エンジニアを雇うとなったらコストであったり時間や手間がかかります。

今の時代、クラウドコンピューターの発達により、本当にプログラミングのみでサービスが構築できる時代ですしね。

私も偉そうに記事を書いているだけでなく、そろそろ何か作ってみようかな・・・と思いました!!

最後までお読みいただきありがとうございました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。