ブロックチェーンでシステム開発を行うメリットとは?

ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンとは、データをチェーンのように繋ぎ、改ざん不可能にする技術のことです。

仮想通貨のビットコインなどで使われている技術でもあります。

悪意を持ったハッカーがデータを改ざんしようとしても、データがチェーンのように繋がっているので、一部を改ざんしても矛盾が生じます。

ブロックチェーン技術を使ったデータを改ざんするには、全てのデータを書き換える必要があり、実質的に改ざん不可能とされています。

ブロックチェーンをシステム開発に使うメリット

ブロックチェーンの技術はシステム開発にも革命をもたらそうとしています。

というのも、ブロックチェーンを使えば、システム開発に様々なメリットがあるからです。

データの改ざんが不可能

ブロックチェーンを使ったシステム開発のメリットとして、よく挙げられるのは先ほど説明した、データの改ざんがほぼ不可能であるということです。

多くの企業にとって、データは非常に大きな資産です。

ブロックチェーンを使えば、通常のシステムよりもはるかに強固なデータベースを作ることが可能です。

システム障害に強い

ブロックチェーンの大きな特徴として、データやシステム機能が分散されていることが挙げられます。

分散されているため、一部のシステムがダウンしても、通常通り運用することが可能です。

チェーンのようにデータおよびシステム機能が繋がれているため、一部がダウンしても、そのチェーンの前後から「どのようなデータ・システム機能があれば矛盾が生じないか」を自動で確認し、そのチェーンを復活できるからです。

コストが安い

ブロックチェーンをシステム開発に使えば、運用コストを安くすることが可能です。

ブロックチェーンにはスマートコントラクトを実装できるものがあります。

スマートコントラクトとは「契約の自動執行」を意味します。

これにより、信用にかける費用を抑えることができるため、運用コストを削減できます。

まとめ

シンプルにですが、ブロックチェーンをシステム開発に使うメリットをまとめてみました!

まだ、本格的に実用化されている訳ではないですが、ブロックチェーンは様々な分野に革命を起こす可能性を秘めていると思います。

使用することにメリットの多い技術ですから、今後どのように導入されていくか楽しみです♪

最後までお読みいただきありがとうございました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。