データサイエンティストとはどんな仕事なのか。未経験からでもなれるのか調べてみた!

Tech Boostの無料カウンセリングを受けてみる

データサイエンスとは

データサイエンティストとはその名の通り、データサイエンスの知識に長けている人の事です。

データサイエンスの研究をしている教授もデータサイエンティストと呼びますし、企業に属して膨大なデータを処理し、ビジネスに活かす人もデータサイエンティストかと思います。

データサイエンティストの需要

データサイエンティストってそもそも需要があるのか調べてみました。

調べてみると面白いことに、データサイエンティストの需要が増えると考える人と、減ると考える人がいるようです。

データサイエンティストの需要が増えると考える派

IBMはデータサイエンティストがまだまだ増え続ける、と分析しています。

2020年までにデータサイエンティストとアナリティクスの求人数は約364,000件増加し、約2,720,000件になると予測されています。 https://asbravos.co.jp/data-scientist-future引用

IT業界の巨人、IBMはデータサイエンティストの仕事が増えると考えているようです。

ちなみに私もこっち派です。

データサイエンティストの仕事を人工知能などで置き換える事が可能な部分もあるかと思いますが、それ以上に企業側からの需要が増えると思っております。

企業は大量のデータを保有している事も多いですが、パソコンの処理能力や労働力のリソースなどの要因から、うまく使えている企業は少ないと感じます。

最近ではパソコンの処理能力も向上し、さらに量子コンピュータなどができる可能性を考えると、今までできなかったデータ分析を行おうとする企業が増えると思うからです。

データサイエンティストの需要が減ると考える派

Googleやマイクロソフトなど業界のトップ企業において、機械学習プラットフォームで進歩と発展があったことは、現在データサイエンティストによって行われている作業のほとんどが将来自動化される可能性を示唆しています。 https://asbravos.co.jp/data-scientist-future引用

人工知能によって置き換わると考える派ですね。

プログラマーが不要になる説と似ていると思います。

こればっかりは未来になってみないと分からないですね・・・

データサイエンティストの仕事内容

データサイエンティストの仕事内容はズバリ、データを解析し課題を解決することが仕事です。

ではデータを解析するとはどんな仕事なのか?

Kaggleというデータサイエンティスト向けのコンペを例にしましょう。

過去にオークションサービス大手のメルカリがデータサイエンティストに向けたコンペを開きました。

内容は、「メルカリの出品者に自動で価格を提案する」というものです。

オークションで取得できるデータと言えば、説明文の内容や商品の状態など様々なものがあると思います。

その過去のデータを分析して、これから出品される商品を自動で設定するといった感じです。

出品者が、設定する値段がわからないといった課題を、データ分析によって解決している例ですね♪

これはあくまで一例ですが、ビジネスにおいての課題をデータから解決するというのがデータサイエンティストの仕事と考えればいいでしょう。

未経験からでもなれるのか

データサイエンティストに未経験でもなれるのか?

求人を見る限り、やはり未経験での採用は少ないようです。

ただ、データ解析に必要なプログラミングを学べば、充分可能かと思います。

データ解析に使われているプログラミング言語といえば、Pythonなんかが有名です。

プログラミングに関しては、最近非常に学ぶ環境が整ってきています。

例えば、Tech Boostさんなんかが有名です♪

今なら、無料でカウンセリングを実施しているので、プログラミングスクールが気になるという方はカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか?

学びたいスキルが本当に身につくかなどの観点で質問をしてみるといいと思います♪

Tech Boostの無料カウンセリングを受けてみる

まとめ

色んなニュースを見ても、ITスキルの重要性がますます高まってきているように感じますね。

プログラミングを学べば、様々な仕事に応用が効くかと思います。

データサイエンティストには必須スキルなので、目指している方は是非身につけましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。