【人工知能】TensorFlowで画像認識に挑戦!チュートリアルの実行方法も解説。

GCAT

人工知能面白いですね。

 

TensorFlowを使った画像認識の実行方法

①画像認識のためのプログラムをダウンロード

まずは以下のリンクより、TensorFlowのGitHubページに飛びます。

TensorFlowのGitHubページ

リンク先の「TensorFlow/models」のページにて「Download Zip」をクリックして、プログラムをダウンロードします。

すると「models-master」というフォルダがダウンロードされます。

②ダウンロードしたプログラムを「TensorFlow」のフォルダに格納

ダウンロードができたら、自身のTensorFlowのフォルダに格納します。

③認識させたい画像を所定のフォルダに格納

「models-master」⇒「tutorials」⇒「image」⇒「imagenet」とファイルを飛んでいき、「imagenet」のフォルダに認識させたい画像を格納します。

④プログラムを実行

ここまで来たら、あとはプログラムを実行するだけです。

Anaconda Pronmptを立ち上げ「classify_image.py」を実行します。

その際に、認識させたい画像ファイルの情報を引数に与えます。

私の場合、画像名を「犬.jpg」としましたので以下のようになります↓

python classify_image.py –image_file=”犬.jpg”

※image_fileの前のハイフンは二つです。WordPressの仕様なのか一つに変換されちゃってます。。。

実行するとこんな表示が出ます

「ミニチュアプードル」である可能性が67%であり、トイプードルである可能性が23%であると人工知能が認識したわけです。

TensorFlowを使って、様々な画像を認識させてみた

クマ

このクマを認識させてみました↓

https://gigazine.net/news/20170302-alien-covenant-trailer/引用

(いかつい・・・)

結果は!

おお!!

ブラウンベアーが96%であると認識しています!

優秀ですね♪

エイリアン

次はこちらです↓

https://gigazine.net/news/20170302-alien-covenant-trailer/引用

さて結果はどうでしょうか。

ロブスターと認識されちゃいました。笑

ただ、ロブスターである確率が3割ですので、人工知能も「こんなの知らねーよ」って感じかと思いますね。

自分

最後は私のプロフィール画像です。

さてどんな結果になるか。

コミックブックと判定されました!!

ある意味はずれていないような・・・

2番目に高い確率だったのが、「ブックカバー」です。(book jacketやdust coverの日本語訳)

まとめ

人工知能に触れて、結構楽しかったですね。

TensorFlowは人工知能フレームワークとしてどんどん普及していくと感じるので、もっと勉強していきたいです♪

最後までお読みいただきありがとうございました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。