クジラが体育館に!?magic leapとはどんな企業なのか見てみた。

GCAT

なんとなく気になったのでまとめてみました。

クジラが体育館に出現

まずはこちらをご覧ください。

この動画を見たとき「なんじゃこりゃ」とワクワクしました。

しかし、majic leapがこの動画をリリースした時点では一体何をしている会社なのか、謎に包まれていました。

majic leapのホームページ

majic leapのホームページは以下のリンクから飛べます↓

https://www.magicleap.com/

イケイケな感じのホームページです♪

下にスクロールしていくと・・・

魔法空間?から抜けていくような動きをします。

ものすごい凝った作りです。

majic leapとは一体どんな会社なのか

どんな会社なのか見ていきましょう!

まずはWikipediaから↓

本社はフロリダ州にあるとのことです。

個人的に驚いたのが、majic leapの資金調達額です。

なんと、5億4200万ドル!!!

日本円にして600億弱の資金を調達しているのです。

majic leapが作っているもの

2017年の年末に遂にmajic leapが秘密裏に作っていたものを公開しました。

それが、複合現実を可能とするヘッドセットです。

名前は「Magic Leap One」とのこと。

複合現実とはMR(ミックスドリアリティ)とも言われます。

VR(バーチャルリアリティ)との違いはVRがバーチャル(非現実世界)なのに対し、MRは現実世界と非現実世界を融合するという意味があります。

上の動画にもありました通り、体育館にクジラが出てくるといった、現実世界に非現実世界を投影する事を可能にするのがMRヘッドセットです。

※ちなみにバーチャルは非現実世界の意味として使われる事が多いですが、実際の意味は「人工」という意味です!確かIBMのエンジニアが間違えて翻訳してそのまま使われるようになったとか・・・

Magic Leap Oneについて

残念ながら、2018年4月30日現在、Majic Leap Oneは販売されておりません。

ホームページを見る限り、2018年中には出荷予定みたいです。

楽しみですね♪

ただ、VRの時と同様に、最初に開発者版(少し値段が抑えてあって、多少のバグは許してねバージョン)が発売されるかと思います。

そして、改良が加えられて、一般ユーザ版が販売という流れにかと。

まとめ

未来を感じさせてくれるガジェットがまた増えますね♪

すっごい楽しみです。

ただ、個人的な意見ですが、まだVRやMRについてどこの企業もビジネスモデルを確立できていないような気もします。

開発費用がバカ高いでしょうから、まだ利益って出てないんじゃないですかね?

でも、Googleといったスーパー企業がバックについているわけですから、majic leapに関してお金の面は問題ないような気も。

販売を待ちましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。