【仮想通貨・ICO】非中央集権型ショッピングモール!?Shopinの将来性と特徴を考察!

GCAT

非中央集権型のショッピングモールとは?Shopinについて解説・考察します!

Shopin公式サイト

ショッピングも分散化の時代?ICOプロジェクトのShopinとは?

概要

非中央集権の取引所が注目される中、ショッピングでさえも分散型にしようというICOプロジェクトがあります。

その名もShopin

彼らのビジョンを見てみましょう。

Shopinのビジョンはショッピングの非中央集権化です。

仮想通貨・ブロックチェーンの力で、ショッピングをもっと個人のものにしようという感じです( `ー´)ノ

ちなみに説明動画はこちら↓

Shopinについて解説

動画をみてなんとなく雰囲気はつかめました!

(私なりの解釈ももちろんあると思いますのでその辺はお手柔らかに(‘◇’)ゞ)

ShopinというICOプロジェクトは、インターネットでショッピングしている時のパーソナルデータを元にAIに分析させ、それぞれの人に合った独自のショッピングモールを展開できるようです。

例えば・・・

基本的にショッピングサイトは誰が見ても同じです。

でもそれって要は、個人個人が見たいディスプレイができていないということです。

だから、比較的人気の高いものを中心に置いていたりするんですね♪

Shopinでは個人の購買データなどを元に、それぞれに合ったディスプレイ展開ができるんです。

これがShopinの言う、ショッピングの非中央集権化ということかと思います( `ー´)ノ

ShopinのICO詳細

ではShopinのICOについて詳細を見てみましょう!

ShopinのICO開始は2018年の3月15日からです。

最初の10MM(1億円)まではボーナストークンが20%もらえるようです。

ICO終了日は後程アナウンスされるとのことなので、詳しいことはまた発表される感じかと思います( `ー´)ノ

Shopinのロードマップ

ロードマップが中々長いので、ペタペタ張っていきます!

ロードマップを見てわかったのですが、このShopinプロジェクト、2017年の2月からスタートしているんですね。

そこから着々と準備を進めている印象を受けます。

尚、アンドロイドとiPhoneで動作するアプリも開発しているようです。

考察してみた

Shopinについて考察してみます。

ショッピングの非中央集権化ってどうなんですかね・・・

Shopinの場合、個人個人それぞれに自分の趣味に合った服がディスプレイされるので見やすくはなると思いますが、これって要はAIを使ったマーケティング手法ですよね。

最近ではアマゾンなどドデカいIT企業はAIにものすごい力を入れていて、広告の出し方に関しても、どの広告がパフォーマンスを出せるかをAIを駆使して調査していたりします。

個人的にはShopinのやろうとしていることが実現できれば、非常に便利になると思います。

でも、自分の周りのITに明るくない人の意見を聞くと、例えば「前見たWEBサイトの広告が別のサイトでも出てきて、付けられているようで気持ち悪い」と言っていました。

大多数の人はこういった感覚を受けるのかなぁと思うんですよね・・・

私としては、最後に買うかを決めるのは自分なので、候補が出てきてありがたいと思うんですけどね。笑

まぁShopinの場合、利用する人は、好きなものがディスプレイされている前提で見ると思うので、付けられている感覚を持たないかもしれませんね♪

どうなるか楽しみです!!

最後までお読みいただきありがとうございました( `ー´)ノ

Shopin公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。