【仮想通貨・ICO】ブロックチェーンの力で保険業界に透明性を。Unizonの特徴・将来性を考察!

GCAT

保険業界に関してのICO、Unizonについて解説します!!

Unizon公式サイト

Unizonとは?

Unizonとは保険設計の民主化と透明性を目指すICOです。

ではUnizonの公式サイトを見てみましょう。

本プロジェクトは、既存の保険商品が本来の相互扶助として機能しているか疑問を持つことから始まった。そして、伝統的な保険会社の事業コンセプトに違和感を覚えた者たちが集った。

しかし私達は、既存業界を破壊する意識はなく、既存の保険商品に適合しない溢れ出たユーザーの受け皿を用意する事を目的としている。それは40億人を超えるBoP層であり、次世代を担うミレニアル世代・ジェネレーションZに対して、互いに支え合う仕組みを提供する事を目指している。

私達が描く世界は、資本主義経済を否定せずまた肯定もしない、次世代のための新しい経済主義を育てるためのコミュニティとして機能していくものであり、それを強く願っている。 Unizon公式サイト引用

やはり、中央集権的なビジネスモデルだとどうしても、おっきい企業が出てきて透明性であったりが不足してくるように感じますね・・・

Unizonはそんな保険業界において、一人一人が保険プランを提案できる仕組みをつくり、それにインセンティブ(報酬)を与えることによって、透明的かつより良い保険が生まれるような仕組みを作ろうとしている感じだと思います。

UnizonのICO詳細!

ではでは、UnizonのICOについて詳しく見ていきましょう!

概要

ICOサマリー

トークンの名前:UZN

トークンの総数:520,000,000

トークンの値段:1UZN = 0.2USD

トークンの総数は、ビットコインが2100万枚と考えると中々多いですね。

タイムライン

ではUnizonのタイムライン。

えっ!!!

3月15日から17日はボーナス100%!!!

まじ!?!?

つまりこれって2倍ってことですよね?

中々の大盤振る舞い。笑

ちなみに、3月15日までに登録しておけばAirDrop実施中なのでタダで40UZNもらえます♪

私GCATもしっかりもらいました( `ー´)ノ

ロードマップ

2017年の10月からスタートしたプロジェクトみたいですね。

ロードマップをみる限り、Unizonのローンチは2020年となっております。

ICOに参加したとしたら、ひたすら寝かせる系の仮想通貨ですね( `ー´)ノ

プロジェクトメンバー

このおっちゃんがCEOみたいです。

保険業界に精通している方みたいです♪

そのほかは・・・

Unizonのプロジェクトメンバーは保険業界に精通している人+IT開発者という印象です。

まとめ

Unizonの将来性はどうなんですかね・・・

まだ始まったばっかりのプロジェクトですから、正直言ってまだなんとも言えないと思います!

でも、公式サイトをみて思ったことは、めちゃくちゃ作りこまれている!ということです。

個人的にですが、他のサービスと差別化する上でデザインというのは非常に重要だと思います。

Unizon公式サイトを見る限り、けっこう腕の良いデザイナーがいるのではないですかね( `ー´)ノ

とまぁ、未来はわかりませんが、こういったブロックチェーンの力で透明化や健全性を業界に与えるというのは、大多数の人にメリットをもたらすと思うので頑張ってほしいものです!!

最後までお読みいただきありがとうございました!!

Unizon公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。