【登録方法】バンクエラ(Bankera)が運営する取引所の登録方法を解説!

GCAT

195億円を調達したバンクエラが運営する取引所です。

配当がもらえると話題のバンクエラ

2018年2月28日まで行われたバンクエラのICO。

その調達額は195億円!!!

バンクエラ恐るべしですね・・・

なぜこんなに調達できたかというと、やはりバンクエラの一番の売りである配当でしょうね( `ー´)ノ

バンクエラトークンを保持しているだけでイーサリアムで配当がもらえます!

ICO中にもかかわらず、すでに配当がありその旨味がどんどん拡散されて話題になっていった感じです(‘ω’)

バンクエラが取引所を開設!特徴は?

そんな話題のバンクエラが2018年の上半期に取引所を公開します。

雰囲気はこんな感じ・・・

この取引所、けっこうカッコよくないですか???

バンクエラのイメージである緑がメインカラーになっています。

それにしてもバンクエラ、取引所まで開設するとは・・・さすが大金を調達しているだけあって、他のICOとはスケールが違いますね( `ー´)ノ

では特徴をみていきましょう!

特徴

①バンクエラのトークンで取引をすれば手数料が無料

これなかなか嬉しいですよね( ;∀;)

大手取引所のバイナンスでは、独自トークンのBNBをつかって取引をすれば手数料が安くなりますが、無料ではありません。

その点バンクエラは無料ということで、中々気合入った施策に思います。

②NEMのモザイクトークンにも対応

多くの取引所ではイーサリアムから発行されたERC20トークンは取引されていますが、NEMのモザイクトークンが取引できる取引所は少ないです。

やはり、NEM財団のロン氏がアドバイザーにいるだけありますね( `ー´)ノ

ちなみにモザイクトークンとは・・・

NEMにはあなた独自のトークン(通貨 / コイン / カード / アセットと表現はどれでもOK)を発行する機能があります。www.cryptostream.jp引用

イーサリアムのブロックチェーンを使えばERC20トークンが作れるように、NEMでもトークンを作れる感じです♪

NEMで作ったトークンのことをモザイクトークンと呼びます!

まだトークンの種類でいうと、イーサリアムを使ったERC20が圧倒的に多いです!

でも、最近はNEMのモザイクトークンの種類も増えてきているので(COMSAもそうですね♪)取引所の需要はあるのではと感じます。

バンクエラ取引所の登録方法を解説!

ではバンクエラ取引所の登録方法をみていきましょう。

①バンクエラ取引所にアクセス

まずは取引所のサイトにアクセスします。

バンクエラ取引所にアクセス

②「Sign UP」をクリック

バンクエラ取引所のサイト右上にある「Sign Up」をクリックします。

③Emailを入力し「REGISTER AN ACCOUNT」をクリック

メールが届いたら、記載されているリンクをクリックします。

登録は以上となります。

まだプレオープンといった状況なので実際に取引はできませんが、でもトレードは行えるようなので気になる方は試してみると良いかもです( `ー´)ノ

まとめ

バンクエラの取引所って個人的にカッコいいデザインだと思いますね(‘ω’)

アドバイザーがロン氏であることや、バンクエラがICOで多額のお金を調達したことを考えると、取引所として人気が出てくる可能性も十分あるかと思います。

今後が楽しみです♪

最後までお読み頂きありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。