Googleの人工知能ライブラリTensorFlow学習日記②~学習させたAIと〇×ゲームで対戦~

GCAT

Googleの人工知能ライブラリ、TensorFlowを学びながらマスターしていこうシリーズの2回目です。

オセロについて学習させたAIはエラー発生

第①回ではTensorFlowでオセロの学習をさせたところで終わりました。

そして、4時間ほどかかって学習が完了しました。

こんな感じ・・・

1000回ほどAI同士で対戦させての学習。

そして、対戦するためのプログラムを実行すると・・・

 

ん!?!?!?

変数が見つかりませんのエラーが・・・

いろいろ調べてみるとこんな記事が。

tf.Saver はコンストラクタが実行された時に、 default graph に対してその時点で存在するVariable を save したり restore したりするオペレーションを追加します。

なので、 saver1 は variable_0 だけを保存したのに対して saver2 は variable_0 と variable_1 を restore しようとしています。

variable_1 を restore するオペレーションを実行しようとした時に、ファイル側にそんなもん保存されていないぞ!というエラーが発生したわけです。qiita.com引用

エラーメッセージをさらに読んでいると、学習させたモデルの中に、対象の変数が見当たらないとのことです。

正直、とりあえず拾ったコードを実行してみただけなのと、人工知能を全然まだ理解していませんので、直せませんでした( ;∀;)

TensorFlowマスターへの道は長い・・・

〇×ゲームのAIに一旦変更

とりあえず、AI・TensorFlowがどんなものなのかを体感することが今回の目的なので、他で探してみることに・・・

そして発見。

TensorFlowを使って学習させる、〇×ゲームのAIプログラムです。

こちらのサイトからソースコードを拾ってきました!

第8回 TensorFlow で○×ゲームの AI を作ってみよう

そして学習プログラムを実行・・・

同じような感じで学習・・・

〇×ゲームに関しては、1分もかからず学習が終了しました。

そして、対戦のためのプログラムを実行!!

おお!!!

正常に実行されました!

そしてバトル。

バトルできているではありませんか( ;∀;)

とりあえずAIというもの、そしてTensorFlowを体感できたような気がします。

プログラムを読んでみた

どういうプログラムで学習されみたいな部分を知るために、学習部分のコードを読んでみました。

でもねー、よくわからん。。。

人工知能の概念なんかをもっと知る必要がありそうです( `ー´)ノ

TensorFlowをマスターするためにまだまだ頑張りますよー!

最後までお読みいただきありがとうございました!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。