仮想通貨界のポケモン!?イーサエモンとは?将来性と可能性を考察。

GCAT

仮想通貨で育てるモンスター、イーサエモン。またまた変なのが出てきましたね。笑

仮想通貨で育てるモンスター、その名もイーサエモン

ここ最近、非常に大きな盛り上がりを見せている仮想通貨業界。

仮想通貨のテクノロジーを使用した、サービスやプロダクトも続々とローンチされています。

そんな中登場したのが、仮想通貨で育てるポケモン的なモンスター、イーサエモンです。

イーサエモンはイーサリアムネットワーク状に構築された分散型アプリケーションです。イーサーモンスター(イーサエモン)の擬似世界を作り出し、捕獲したり、進化したり、交換したりすることができます。分散型アプリケーションなので、イーサエモンの世界を中央で管理する人もいなければ、誰かにイーサエモンを取られたり改ざんされることもありません。イーサエモン公式サイト引用

ルックスはこんな感じ・・・

結構カッコよくないですか!?笑

雰囲気はポケモンを彷彿させます( `ー´)ノ

もっと詳しくモンスターを見てましょう。

例えば、このシベリセン。

最近シベリゼンを追うイーサエモンハンター(MonSeekers)が増えすぎ、シベリゼンの捕獲は不可能になってしまいました。シベリゼン は卵かトレーディングで見つけてください。 イーサエモン公式サイト引用

デザインといい、説明といい、なかなか世界観が作りこまれている気がします。

イーサエモンの内容

さてさて、雰囲気をつかんだところで、イーサエモンの内容を具体的に見ていきましょう。

ゲーム概要

MonSeekers(プレーヤー)はイーサリアムネットワーク上のスマートコントラクトを使用して三つのゴールを達成します:

イーサリアムネットワークで発行された限定のバーチャルモンスター、イーサエモンを捕獲し、コレクションを完成させる。

イーサエモンをトレーニングして卵を産ませたり、新種へ進化させたり、他のMonSeekersに貸したりする。

様々なゲームモード(シングルモード、グループモード、トーナメント)でMonSeekers 同士のバトルを行い、EMONT(ゲーム内通貨としてERC-20トークンを使用)を集める。 medium.com引用

イーサエモンゲーム概要の2つ目と3つ目は、ポケモンでも似たようなものはありますよね。

でも概要の1つ目!!!

この「限定のバーチャルモンスター」というのはまさにブロックチェーン技術の賜物です。

(後で解説します( `ー´)ノ)

イーサエモンの始め方

イーサエモンの始め方をみていきましょう。

イーサエモンの世界でプレイするには、ユーザーはスマートコントラクトでイーサリアムトランザクションを行う必要があります。トランザクションに必要なものは:

・イーサリアムウォレット。My Ether WalletウェブサイトまたはMetamaskを使って作成可能。

・イーサ(Ether)。トランザクションに使用するデジタル支払い通貨。イーサは住居国の仮想通貨取引所などで購入可能。

・MetamaskまたはMistブラウザ(オプション)。イーサリアムDAppsをブラウザで起動することができるようになる。使用しない場合は、My Ether Walletウェブサイトから手動トランザクションを行う。 medium.com引用

必要なものとしては、ウォレットと仮想通貨のイーサリアム。

そしてMetamaskまたはMistブラウザ・・・

あまり聞きなれないブラウザですね。

どうやらChromeやSafariでは動かないみたいです(‘◇’)ゞ

ゲーム内通貨のEMONT

EMONTはイーサエモンのゲーム内通貨です。ERC20トークンで譲渡可能。枚数は限定されています。合計2000万EMONTしか生成されず、次のように分配されます:

・70%または1400万:バトルなどのゲーム操作を通しプレーヤーが「採掘」する。全トークンが採掘された後は、EMONTトークン(この時点でイーサはもう使用しない)で運営される。

・25%または500万:ユーザー成長プールに貯蔵。

・5%または100万:開発チームに配分。

EMONTはイーサリアム上で発行されたトークンのようです。

イーサエモンが盛り上がってくると、このEMONTの値段も上がってくるのかもしれませんね。

将来性・可能性を考察

ざっとイーサエモンについて解説してみました!

このイーサエモンですが、めちゃくちゃ面白いと思います( `ー´)ノ

ブロックチェーンの技術を非常に上手く使ったゲームだと感じますね。

どういう意味か・・・

イーサエモンの世界は現実と同じ、有限性のある生き物がいる世界なのです。

解説していきましょう!!

イーサエモンと私たちの住む現実世界は似ている

ポケモンの場合、例えば全世界にミュウツーは何体いるでしょうか?

www.pokemon.jp引用

正解は、無限体です!

プレイヤーが捕まえただけミュウツーは存在します。

あくまでも、ゲームの中のポケモンはデジタルコンテンツです。

デジタルコンテンツの良い部分ではありますが、何体いるか分からないというのは私たちの住む世界からみると非現実的ですよね。

(ちなみに、動物・植物は一年間で4万種以上の生物が絶滅しています)

では、イーサエモンをみてみましょう。

イーサエモンは、ブロックチェーン技術を使用しているため、データの改ざんはほぼ不可能です。

つまり、イーサエモンは、運営側が決めた個体数しか存在しない、有限性のある生き物なのです。

しかも・・・

分散型アプリケーションなので、イーサエモンの世界を中央で管理する人はいません。medium.com引用

私たちが住む地球に管理者っていないですよね?

イーサエモンの世界も同じなんです( `ー´)ノ

めちゃくちゃ現実世界に近くないですか?笑

儲かるかも???

そして、マネーの話題。

有限性があるということは、供給量が限られているわけですから、需要が上がればその価値も上がります。

今後イーサエモンでは、イーサを使って育ててイッケイケのモンスターも生まれてくるでしょう。

そいつらに価値がつき、大きな額で取引される可能性は充分にあり得ると思います。

つまり、儲かるんじゃないの?って話です( `ー´)ノ(もちろん分かりませんが)

さらにさらに・・・

モンスターの世界なので、交配的な要素も出てくるかと思います。

ちなみにディープインパクトの精子って何円か知ってますか?

4,000万円ですよ!!!

イーサエモンの世界でも、育てて時間が経ったモンスターは戦えなくなって、種馬ならぬ種イーサエモンなんて仕様も出てくるかもですね。笑

そうすると、最強の種イーサエモンのオーナーはめちゃくちゃ儲かるかもしれませんね( ;∀;)

今後もイーサエモンに注目していきたいですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!!

こんな記事も読まれています

【買い方】注目ICO!バンクエラ(BANKERA)の将来性と今後を考察。購入方法も解説!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。