【税金】サラリーマンが仮想通貨で利益を出したら確定申告って必要?計算方法も解説。

GCAT

確定申告の期限が近づいていますが、仮想通貨の税金って本当にややこしいですよね・・・。そんな仮想通貨の税金計算方法や、ツール等をまとめました!

非常に盛り上がった2017年の仮想通貨業界

2017年は仮想通貨元年と言われ、仮想通貨業界が非常に大きくなった年でした。

もともと投資家だった方だけでなく、サラリーマンで副業として投資をして大きく利益を出された方も多いのではないでしょうか?

サラリーマンの方でも確定申告が必要な場合がある

サラリーマンの方は、源泉徴収として毎月給料から税金が天引きされるので、基本的に確定申告は必要ありません。

ではどういった場合に、確定申告が必要になるのでしょうか?

確定申告が必要なパターンは2つあります。

①年収が2000万円を超えている

企業に勤めるサラリーマンでも、年間収入が2,000万円を超える人は年末調整が行われなくなり、確定申告の義務が発生します。liginc.co.jp引用

日本の税金ルールでは2000万以上の年収があるサラリーマンの方は、確定申告をしなければならない義務があります。

②副業の収入が20万円以上ある

上記の副業とは違った形で、2つの企業から給与を受け取っているという方もいらっしゃるでしょう。そんな人にも、確定申告の義務が発生します。

ただし、一方では年末調整を受けていて、もう一方の給与収入と給与以外の所得合計が20万円以下という場合は、確定申告をせずとも問題ありません。liginc.co.jp引用

最近ではサラリーマンで副業をやられている方も少なくないのでないでしょうか?

副業収入が20万未満でしたら必要ないのですが、20万を超える副業がある場合は確定申告を行う義務が生じます。

仮想通貨の投資で得た利益の確定申告は必要?

仮想通貨でめちゃくちゃ儲かっちゃった!!なんて時、確定申告は必要なのか。

ズバリ!確定申告は必要です!!!

ビットコインをはじめとする仮想通貨を売却又は使用することにより生じる利益について は、事業所得等の各種所得の基因となる行為に付随して生じる場合を除き、原則として、雑所得に区分され、所得税の確定申告が必要となります。 国税庁引用

ちなみに、仮想通貨で得た利益は雑所得に分類されます。

上記で説明したように、仮想通貨の投資で得た利益が20万円を超えるとサラリーマンの方も確定申告をする義務が生じる訳ですね。

仮想通貨の投資で得た利益はどのようにして計算するのか

確定申告が必要な事は分かりましたが、そもそも税金の計算ってどうやるのでしょうか?

タックスアンサーをみてましょう。

(タックスアンサーとは国税庁が運営している、税金に関してのFAQの事です)

①仮想通貨を売却し、日本円を手にした場合

保有する仮想通貨を売却(日本円に換金)した場合、その売却価額と仮想通貨 の取得価額との差額が所得金額となります。 タックスアンサー引用

これは簡単ですね。

例えば、1ビットコインを10万円で買って、1ビットコイン100万円で売却したら利益は90万円となります。

②仮想通貨で商品を買った場合

保有する仮想通貨を商品購入の際の決済に使用した場合、その使用時点での商品価額と仮想通貨の取得価額との差額が所得金額となります。 タックスアンサー引用

これはなかなかややこしい計算になります・・・

お金のカタチさんの説明が分かりやすかったので引用させて頂きます!!

所得金額 = 商品価額 ー 1仮想通貨当たりの取得価額 × 支払い枚数 

このように計算ができるかと思います。

少しわかりづらいと思うので実際に現実に当てはめて計算してみましょう。

まずAさんが100万円で10ビットコイン(BTC)、つまり1BTC=10万円で購入したとします。

ある日ビットコインの価格が1BTC=20万円に価格が高騰して持っていたビットコインが200万円になりました。

そこで値段が上がった分の100万円、つまり5BTCで中古車を買うことにしました。

これを上の計算式に当てはめると、

50万円 = 100万円(中古車) ー(100万円 ÷ 10BTC)× 5BTC

このように計算できて50万円が所得金額となります。

つまりもともと持っていた100万円分のビットコインが倍の200万円になったので10BTC全部で100万円の利益になりますよね。

その半分の5BTCを支払いに充てたので50万円が利益、所得金額となるわけです。

お金のカタチ引用

めちゃくちゃめんどくさいですね!!!

お金のカタチさんの最後の説明が個人的には非常に分かりやすかったです。

要は・・・

1ビットコイン10万円で買いました、1ビットコインが100万円になりました。

0.5ビットコイン(50万円)で時計を買いました。

ってなった時に、一旦全部売っぱらったら何円の利益かを考えます。

この場合だと90万円ですよね。

で、そのビットコインどれだけ使ったの?半分だよね。じゃあ利益も半分の45万円でーす。

みたいな感じです。

分かりにくかったらすいません・・・

個人的には、仮想通貨での少額決済は税金が非課税とかにしないと世の中に浸透しにくいのでは?なんて考えちゃいます。。。

③仮想通貨で仮想通貨を買った場合

保有する仮想通貨を他の仮想通貨を購入する際の決済に使用した場合、その使用時点での他の仮想通貨の時価(購入価額)と保有する仮想通貨の取得価額との差額が、所得金額となります。 タックスアンサー引用

またまたややこしいようにも見えますが、基本的には②の要領と同じです。

②との違いは、日本円(商品購入代)にして利確するか、別の仮想通貨にして利確するかです。

1ビットコイン10万円で買いました、1ビットコインが100万円になりました。

0.5ビットコイン(50万円)でイーサリアムを買いました。

ってなった時に、一旦全部売っぱらったら何円の利益かを考えます。

この場合だと90万円ですよね。

で、そのビットコインどれだけ使ったの?半分だよね。じゃあ利益も半分の45万円でーす。

的な感じです。

計算の要領は同じです♪

④ハードフォークにより新しい仮想通貨を手にした場合

仮想通貨の分裂(分岐)に伴い、新たに誕生した仮想通貨を取得しましたが、こ の取得により、確定申告の対象となる所得は生じますか。タックスアンサー引用

というQに対して・・・

所得税法上、経済的価値のあるものを取得した場合には、その取得時点におけ る時価を基にして所得金額を計算します。 しかしながら、ご質問の仮想通貨の分裂(分岐)に伴い取得した新たな仮想通貨 については、分裂(分岐)時点において取引相場が存しておらず、同時点において は価値を有していなかったと考えられます。 したがって、その取得時点では所得が生じず、その新たな仮想通貨を売却又は 使用した時点において所得が生じることとなります。 なお、その場合の取得価額は0円となります。 タックスアンサー引用

つまり・・・

1ビットコインが分裂し1ビットコインキャッシュを手にしたとします。

この時点では利益は発生しないんですね。

しかし、それを売却もしくは使用した際は丸々全て利益に計算というわけです。

例えば、1ビットコインキャッシュを手にして、そのビットコインキャッシュの時価総額が10万円になったとします。

0.5ビットコインキャッシュ(5万円)を使って高級フレンチに行ったとします。

この場合、5万円がそのまま利益になるというわけです。

仮想通貨の確定申告を手助けしてくれるサービス

①税理士への相談

やはり確実なのはこれなのではないかと思いますね。

もちろんお金は掛かりますが、税金のプロですから確定申告の資料を作る際に非常に心強い味方になってくれるかと思います。

無料相談を受け付けているサービスなんかも増えています。

例えば税理士ドットコムというサービス。

初めての確定申告だから税理士に頼みたいけど、どの税理士に頼めばいいか分からない!

そもそも費用の相場が分からない、

などといった悩みを無料で相談してくれます。

税理士ドットコムにアクセス

②仮想通貨の確定申告の際の損益を自動計算してくれるツール

確定申告をしないといけないけど、税金の計算がめんどくさい!!!

なんて方におすすめなのがfreee仮想通貨の損益自動計算ツールです。

クラウド会計ソフトのシェアNo1であるfreeeからリリースされた事もあり非常に話題になりました。

freee は、仮想通貨取引における損益計算を簡単に行っていただける新サービス「会計freee for 仮想通貨」の提供を開始しました。市場の急成長に伴い、仮想通貨取引による利益を得たものの、確定申告に対して不安を抱える人も多くいらっしゃいます。そのような方々でも安心して確定申告を行っていただけるよう、さらなるサポートを強化してまいります。freee公式サイト引用

freee公式サイトへアクセス

このツールに関しては記事で詳しく説明しておりますので、よければご覧ください(^_^)

【税金】仮想通貨の確定申告が簡単に?クラウド会計ソフトのfreeeが仮想通貨の損益計算ツールをリリース。

税金って難しいですね・・・

でも、仮想通貨のマーケットが成熟してこれば便利なツールも増え、より仮想通貨が実用化されて便利な社会になるかと思いますね( ´ ▽ ` )

最後までお読み頂き、ありがとうございました!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。