コインチェックの男気。ハッキングにより不正送金されたネム(NEM)、全額返金!!

GCAT

コインチェック、相当儲かっているのでしょうね。

コインチェック(CoinCheck)がハッキングされ、保有しているNEMが何者かに不正送金

失ったのは580億円相当――。1月26日、仮想通貨取引所大手のコインチェックで大規模な不正アクセスが明らかになった。 toyokeizai.net引用

半端ない額の被害ですね。。。

580億円。

おそらく、仮想通貨史上でも、最大級のハッキングによる不正送金被害です。

記者会見でもしどろもどろ・・・

「セキュリティが甘かったのでは」「お客さんが納得すると思うのか」と質問が相次いだ。和田氏や大塚氏が答えに窮し、沈黙してしまう場面もあった。www.huffingtonpost.jp引用(画像含む)

コインチェック(CoinCheck)が補償方針を決定!なんと全額返金。

返金はあるのか?

補償はどういう形でされるのか?

など不安がありましたが、ついに内容が公表されました。

それは、全額返金!!!

コインチェック株式会社(代表取締役社長:和田晃一良、以下:当社)が運営する仮想通貨取引所サービス「Coincheck」において発生した仮想通貨NEMの不正送金に伴い、対象となる約26万人のNEMの保有者に対し、以下の通り、補償方針を決定いたしましたので、お知らせいたします。

1月26日に不正送金されたNEMの補償について

総額 : 5億2300万XEM
保有者数 : 約26万人
補償方法 : NEMの保有者全員に、日本円でコインチェックウォレットに返金いたします。
算出方法 : NEMの取扱高が国内外含め最も多いテックビューロ株式会社の運営する仮想通貨取引所ZaifのXEM/JPY (NEM/JPY)を参考にし、出来高の加重平均を使って価格を算出いたします。算出期間は、CoincheckにおけるNEMの売買停止時から本リリース時までの加重平均の価格で、JPYにて返金いたします。
算出期間  : 売買停止時(2018/01/26 12:09 日本時間)〜本リリース配信時(2018/01/27 23:00 日本時間)
補償金額  : 88.549円×保有数
補償時期等 : 補償時期や手続きの方法に関しましては、現在検討中です。なお、返金原資については自己資金より実施させていただきます。

今般の不正送金に伴い、一部サービスの停止などお客様、取引先、関係者の皆様にご迷惑をおかけしており、重ねてお詫び申し上げます。原因究明、セキュリティ体制の強化などを含めたサービスの再開に尽力するとともに、金融庁への仮想通貨交換業者の登録申請の継続的な取り組みも併せて、今後も事業を継続して参りますので、引き続き、宜しくお願い申し上げます。 コインチェック引用

もちろん、ハッキングされたのはコインチェックのセキュリティが一つの要因かと思います。

でも、この対応は非常に好感を持ちました。

まぁ、逆に言うならそれだけ儲かっていると言えるかも知れませんね。笑

コインチェックにはまだまだ可能性がある!

コインチェックは日本の取引所でもっとも多くの銘柄を取り扱っています。

その種類は13種類に及びます。

日本の仮想通貨界を牽引している企業の間違いなく一つに数えられるかと思います。

以下のリンクよりコインチェックの公式サイトに飛べますので、一度どんな取引所か見ていただければと思います( ´ ▽ ` )

コインチェック公式サイト

最後までお読み頂き、ありがとうございました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。