世界最強の投資家バフェット氏「仮想通貨は確実に悪い結果になる」、でも実際どうなの??

GCAT

あのバフェット氏が仮想通貨について言及しました。

世界最強の投資家バフェット氏が仮想通貨について言及「仮想通貨は確実に悪い結果になる」

「一般論として、仮想通貨はほぼ確実に悪い結果になる」と、投資会社バークシャー・ハザウェイの会長と最高経営責任者(CEO)を兼務するバフェットは1月10日、米CNBCテレビのインタビューで語った。newsweekjapan.jp引用

世界最強の投資家の一人ウォーレン・バフェット氏がアメリカのCNBCのインタビューで仮想通貨について否定的な言及を行いました。

バフェット氏流、投資の信念

バフェット氏の投資の信念は「買ったら、売るな」です。

小さいころに投資した株の価格が上がり、喜んで売ったら、その後もその株は上がっていったため後悔したそうです。

その教訓から、本当に価値があると思う株に投資し、買ったら長期間売らないという信念を持つようになったと聞いています。

バフェット氏、ハイテク産業の投資には強くない?

世界最強の投資家の一人として、有名ですが実はハイテク産業の投資にはそこまで強くないんです。

実際に、今世界において巨大な力をもっているIT企業の投資にも否定的でした。

ITブームには乗り遅れたと、公に認めている。すでに巨万の富を築いたのだから、イノベーションやさらなる学びへと人々を動機づけてくれたらよほど好感がもてるのに。だが彼は、実証済みの投資手法にこだわり続けている。newsweekjapan.jp引用

公にも認めているんですね。

考察してみた

バフェット氏って、実は否定的であったIT産業にも、時間が経ってから実は投資しているんですね。

バフェット氏は、2011年まではITやテクノロジー分野への投資を自身の専門外であるとして避けてきた。これを解禁し、2011年にIBMに100億ドル超の投資を行ったことは周囲を驚かせた。jp.reuters.com引用

今回の発言は、単純に仮想通貨について、あまり知らなかったから否定的に言っただけのように思います。

あと、仮想通貨に関しては、各国もしくは各企業の思惑がいろいろあるため、あえて否定的に言ったりあえて肯定的に言ったりみたいなことはよく見られます。

例えば、JPモルガンの社長は仮想通貨に関して「詐欺」と発言していましたが、今では「考えが変わった」旨の発言をしたりしています。

価格操縦をしたとの噂もあるとかないとか)

仮想通貨が実際のビジネスに多く組み込まれ、バフェット氏の莫大なマネーが流れ込めば、仮想通貨全体がさらに盛り上がるかもしれませんね。

仮想通貨にまだ参加していない人!

仮想通貨には上記のように、まだまだ世界に広がっていく可能性があります。

少しでも仮想通貨を持っていれば、アンテナが自然に向き情報が入りやすくなるかと思います。

この機会にぜひ参加してみては?

※あくまで投資は自己責任ですので、深くご自身で考察し購入を検討ください。

以下の取引所で、仮想通貨が購入できます。

coincheck

コインチェックはチャートが見やすく、扱っている通貨も多いので初心者にオススメ

ザイフ

トークン系のここでしか買えない通貨も購入できる取引所 

最後までお読み頂き、ありがとうございました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。