【仮想通貨】フィスココイン(FSCC)とは?そもそも価値って??将来性と今後を考察。

GCAT

株式会社フィスコが発行しているフィスココインについて解説します!

フィスココインとは?

「フィスココイン」は株式会社FISCOの発行するトークンです。フィスココインは仮想通貨のブロックチェーン技術を利用してフィスコが独自に発行し、2016年10月に株式会社FISCOの株主に配布する事によって始まりました。tottemoyasashiibitcoin.net 引用

株式会社フィスコが独自に発行したトークンということですね。

概要を見ていきましょう。

発行枚数に関して・・・

フィスココインは発行主体である株式会社FISCOの判断の元で発行量が決められました。全発行量は5000万FSCC(FSCC=フィスココインの単位)で2017年7月に発行はこれ以上されない「ロック」がされています。つまり今後5000万FSCC以上の発行はされません。tottemoyasashiibitcoin.net 引用

フィスココインの発行枚数はすでにロックされています。

ただ、多くのフィスココインは株式会社フィスコが保有しております。

また株式会社FISCOの発表(http://www.fisco.co.jp/uploads/20170713_fisco_pr.pdf)によれば想定市場流通量は1100万FSCCです。フィスココインは株主配布の残りを株式会社FISCOが保有すると2016年6月に発表しております。tottemoyasashiibitcoin.net 引用

フィスココインの価値が上がれば、株式会社フィスコの利益にも繋がるということですね。

フィスココインの使い道・価値は?

現在、フィスココインで購入できるものは、株式会社フィスコが出している有料のレポートのみのようです。

しかし、今後はサービスの拡充の予定しているそうです!

また、フィスココインと交換できる財・サービスとして、現在はフィスコの会員制サイト「クラブフィスコ」においてフィスココイン専用レポートのみとなっておりますが、今後、フィスコループでは、フィスココインと交換できる財・サービスの種類を拡充することを予定しております。具体的には、フィスココインと財・サービスとを交換できるポータルサイトを構築する予定です。 株式会社フィスコ引用

フィスココインの将来性と今後を考察!

企業トークンに関しては、どこの企業もまだ使い道や、ビジネスにどう組み込むかを模索している状況かと思います。

仮想通貨自体もまだ流通しきっているといえない中、その仮想通貨上(ブロックチェーン)で発行されるトークンが浸透するのはまだ先なのかなと思います。

でも、トークンの未来は暗くは決してないと思っています。

なぜなら、仮想通貨上で発行されるトークンは、ブロックチェーン技術により価値の裏付けがあるからです。

価値の裏付けがあるのものって意外と少ないですよね・・・

というのも価値を裏付けるというのは難しいんです。

例えば、価値の裏付けの例であれば、法定通貨は国が保証金は埋蔵量(供給量)が決まっているなど・・・

それ以外のものって中々ないですよね。

理由は、何かを作ってもコピーされる危険性や、供給量を増やす可能性があることです。

しかし、ブロックチェーン技術を使えばどうでしょうか?

この技術を使えば、改ざんが非常に難しくなり、価値を担保しやすくなります。

企業トークンとは、ブロックチェーンにより価値が担保されたものですから、これから何かしらのビジネスに組み込まれる可能性は高いのではと考察しております。

仮想通貨にまだ参加していない人!

仮想通貨には上記のように、まだまだ世界に広がっていく可能性があります。

少しでも仮想通貨を持っていれば、アンテナが自然に向き情報が入りやすくなるかと思います。

この機会にぜひ参加してみては?

※あくまで投資は自己責任ですので、深くご自身で考察し購入を検討ください。

以下の取引所で、仮想通貨が購入できます。

coincheck

コインチェックはチャートが見やすく、扱っている通貨も多いので初心者にオススメ

ザイフ

トークン系のここでしか買えない通貨も購入できる取引所 

最後までお読み頂き、ありがとうございました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。