【仮想通貨】メルカリ、仮想通貨交換業登録!?

GCAT

あのメルカリさんまでも仮想通貨を・・・

日本最大のフリマアプリ「メルカリ」

非常に有名なアプリですよね。

フリマアプリ「メルカリ」は2013年7月リリース以来順調に成長し、日本でのダウンロード数は5,000万ダウンロードを突破、 1日の出品数は100万品以上、月間流通額は100億円以上と、日本最大のフリマアプリとなっています。 メルカリより引用

5000万ダウンロードですか・・・

日本国民の2人に一人は使っている計算ですね。。。

メルカリが仮想通貨交換業に登録!?

あのメルカリが仮想通貨事業に参入!?!?

メルカリが、2017年11月に設立した子会社メルペイを通じて2018年中にも仮想通貨交換業登録を目指すことが日経FinTechの取材で明らかになった。メルペイは金融分野の新規事業を手掛ける方針を示していたが、事業の全容はこれまで明らかになっていなかった。今後、ビットコインをはじめとする主要仮想通貨を決済手段としてフリマアプリ「メルカリ」に組み込む。IT pro引用

メルカリが仮想通貨での決済の導入に取り組んでいるんですね・・・

考察してみた

メルカリが仮想通貨の決済を導入するメリットは何でしょうか?

まず消費者側に視点で考えたいと思います。

仮想通貨を決済に導入した実例で紹介します。

2014年からカリフォルニア州など一部の支店でビットコインでの支払いに対応していたスターバックスだが、ビットコイン・スペシャリストのエアビスとの提携により、仮想通貨の普及を全面的にサポート。米国で「ビットコイン決済でコーヒー20%オフ」というキャンペーンで話題になっている。zuuonline.com引用

なんと仮想通貨で購入したら20パーセントオフになるんです。笑

これは、仮想通貨の高騰を加味してとのこと。

消費者側からしたら、安く購入できるというのは非常に大きなメリットです。

事業者側からしても、仮想通貨が上がればその分利益が大きくなるわけですから明らかなメリットです。

逆に今の時代、日本の円を貯金することのメリットってなんなんですかね。。。

よくよく考えたら、法定通貨って発行量無限の通貨ですから発行量が決まっている通貨と比べると価値は上がりにくいですよねそりゃ。

ただ、変動が激しい通貨を決済に使うというのはデメリットも多くあるので、一概にどちらが良いとは言いにくいかもしれません。

一つ言えるのは、仮想通貨での決済で事業者と消費者が得をするという構図がある状況が続けば、確実にビジネスでの決済導入は進むかと思います。

仮想通貨にまだ参加していない人!

仮想通貨には上記のように、まだまだ世界に広がっていく可能性があります。

少しでも仮想通貨を持っていれば、アンテナが自然に向き情報が入りやすくなるかと思います。

この機会にぜひ参加してみては?

※あくまで投資は自己責任ですので、深くご自身で考察し購入を検討ください。

以下の取引所で、仮想通貨が購入できます。

coincheck

コインチェックはチャートが見やすく、扱っている通貨も多いので初心者にオススメ

ザイフ

トークン系のここでしか買えない通貨も購入できる取引所 

最後までお読み頂き、ありがとうございました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。