日本発の仮想通貨「モナコイン」とは?将来性と今後を考察。

GCAT

日本が産んだ仮想通貨、モナコインについて考察してみました!

日本発の仮想通貨”モナコイン”!

モナコインは日本発の国産仮想通貨です。

Monacoin(モナーコイン・モナコイン)とは、日本の巨大掲示板サイト2ちゃんねるソフトウェア板で、Mr.Watanabe(わたなべ氏、2chpool ◆bzJIFpVqts)によって開発されている日本初の暗号通貨である。暗号通貨については「Bitcoin」を参照。通貨単位表記は「MONA」。 Wiki引用

発行枚数の上限は1億512万MONAとなっております。

性能・特徴は?

モナコインは歴史の長い仮想通貨である「ライトコイン」をベースに作られております。

ライトコインをベースに作られているため、送金スピードがビットコインに比べて非常に速いのが特徴です。

既に各業界で使われている!

モナコインはすでに現実世界で使用例がいくつもあります。

たとえばAskMonaというサービス。

三行でわかるAskMona 

2chのような書き込みができ、気に入った書き込みに対してMonacoinを送できる。

段位システムを採用し、Monacoinのばら撒き、受け取りにより昇段する。現在のところ昇段のメリットし。

Monacoinする人が集まるコミュニティで、Monacoinを使用したサービスの検討なども行われている。

そのほかにも、メイドカフェの決済手段として使われたり・・・

https://twitter.com/pp_akiba/status/927779021470941184

将来性・今後に関しての考察

最近値上がりし過ぎて2018年1月8日現在で購入するのは少し怖い気もしますが、決済にすでに使われていて実需が伴っている通貨ですので、今後に期待できる通貨かと思います。

個人的には、長期でみると上がっていく通貨の一つだと感じております。

というのも、モナコインはザイフなどの取引所で購入できるのですが、ただいま仮想通貨への参入者が続出しすぎて本人確認に時間がかかっている様子です。

友人で、最近参入した人がいるのですが、本人確認のハガキがまだこないとぼやいておりました。

要は、需要がまだまだあるということです。(モナコインに限ったことではありませんが)

海外の取引所と違い、登録したらすぐ仮想通貨が購入できるわけではなく、住所が本当なのかを確かめるためにハガキが届いてそこに書いてある番号を入力しないと参入自体できない取引所が多いわけです。

つまり国産銘柄はまだまだ伸びる可能性があるのかもしれませんね。

購入できる取引所

モナコインはザイフにて購入できます。

ザイフ

上記のリンクより登録できます。

尚、投資は自己責任のため、十分にリスクを考えて購入を検討頂ければと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。