匿名系通貨、Monero(モネロ)。将来性や特徴は?

GCAT

匿名系の仮想通貨、モネロについて考察します。

匿名系の仮想通貨Monero(モネロ)

モネロの特徴はズバリ!匿名性にあります。

ビットコインは公開帳簿式の通貨であり、誰がいつどこに送金したかなどが分かってしまいます。

しかし、モネロの場合、匿名で送金することが可能です。

安全性が高いコインで、その所有者の匿名を維持します。さらにモネロは取引を追跡不可能にする一流の技術システムを使用します。

全てのモネロコインは、所有者のプライバシーを維持したまま取引されます。

通常この機能はファンジブル(代替可能)と称されます。

モネロの取引記録は一般公開されますが、匿名のため元をたどることは不可能です。

トレース(足跡)を残すことなく振り込みや資産運用が可能になります。

モネロはリング署名システムを取り入れているため、送受金する際の額も隠されます。 coinpost.jp引用

将来性・今後を考察してみた

あくまで個人的な意見ですが、モネロは様々な壁にぶつかる通貨の一つなのではないかと思います。

というのも、匿名性が強いというは犯罪に使われる可能性があるからです。

たとえば、北朝鮮が企業のサーバーをハッキングしてマイニングを行い自分の口座に送金をしていたのですが、その時に利用された通貨はモネロです。

北朝鮮がマイニングの為に、サーバーをハッキング

法律が規制されていくでしょうから、国がどういった法律を作るかが将来性に大きく影響するかと思います。

購入できる取引所

モネロはコインチェックにて購入できます。

簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

投資は自己責任ですので、ご自身で様々な要素を考察し購入を検討頂きますよう宜しくお願いします。

最後までご覧いただきありがとうございました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。