Zaifトークンの価格が高騰!将来性は?

GCAT

Zaifトークンの将来性について考察してみました!

Zaifトークンが2017年8月半ば辺りから高騰!

Zaifトークンが夏頃から急激な高騰を見せております。

夏には0.1円前後をうろうろしていたのが、一時期4円をつけました。

なんで高騰したのか?

当初、どういった意味があるのかよく分からないトークンでした。

しかし、COMSAの発表があり実は連動するのでは?といった噂が流れ高騰したという経緯があります。

実際、COMSAのICO時にZaifトークンで買うとボーナスが追加でもらえるといった特典がつきました。

現在、チャートの上げ下げが激しくなっておりますが、夏頃を考えると半年で10倍以上となっております。

将来性は?

Zaifトークンの将来性はいかがなものなのか。

ちなみにZaifトークンにはロックアップされる計画があります。

現在、ZAIFトークンはCounterpartyプロトコル上で発行されていますが、Counterparty対応で完全に安定して、かつ容易に使用できるマルチシグのツールが存在しないため、ZAIFトークンをNEMプロトコルへ移行することを計画します。

プロトコル移行には、保有者に提供するためのトークンの変換ツール開発が必須となります。よってトークンの移行には一定のテストや検証が必要となるため、あらかじめ公開監査ができる状態にした上で、以下のスケジュールを以てロックアップ実施を計画します。

ロックアップ予定数:22.5億ZAIF(発行総数の25%に相当)
ロックアップ期間:2018年12月末日まで
2017年11月末まで、公開監査できるよう、宣言したアドレスに相当数を移動
2018年01月中旬まで、エスクローのマルチシグ署名者を確定
2018年01月末まで、NEMプロトコル上のトークンへの変換ツールを提供開始
2018年02月中旬まで、ロックアップ分を、NEMプロトコルへ移行
2018年02月末まで、ロックアップ分を、マルチシグのエスクローアカウントへ移動 ビットコインラボ引用

ロックアップされると、供給量が減ります

価格というのは、需要と供給で決まりますから、値段は高くなる可能性がありと考えられます。

あくまで考察に過ぎませんが、取引所の名前を付けたトークンが何の機能もないままとは考えにくいのでは?と思っております。

「噂で買って事実で売られる」という投資の格言を信じるのであれば、噂が出ている段階では期待により買いが先行するかもしれませんね。

Zaifトークンはこちらの取引所から購入できます↓

最後までご覧頂き、ありがとうございました( ´ ▽ ` )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。