【ICO】詐欺案件が増加!?金融庁も注意喚起

GCAT

ICOには詐欺も多いので注意をする必要があります。

2017年ICOが大きな盛り上がりを見せた

ICOのマーケット規模は日を増すごとに大きくなっております。

Tezosに至っては、230億もの資金を調達しました。

ICOには詐欺案件が存在する

 

2017年11月にConfidoという会社がICOを行いました。

34万7000ドル、日本円にして4000万弱のお金を調達したのですが、なんと調達後すぐに雲隠れしました。

Confidoなる会社がカスタマイズされたCFD〔差金決済取引商品〕を売って小規模なICOを行った。これは「安全かつtrustlessな(中央集権的発行権限を必要としない)暗号通貨」による払い込みという宣伝だった。ICODropsによればこの会社は目標の40万ドルに近い金を集めとたんにキャッシュを握ったまま消えた。会社のドメインは放棄されたらしく、サーバーには何も残っていない。 テッククランチ引用

リップルのCEOであるGarlinghouse氏も以下のような発言をしております。

Garlinghouse氏も「ICOの多くは詐欺であり、最終的には(開発は)ストップするだろう」とICOの危うさに同意しており、彼によると多くの投資家がトークン発行会社を訴えているとのことです。 コインデータベース引用

金融庁も注意喚起をしている

金融庁も以下のような声明を出しております。

○ ICOで発行されるトークンを購入することには、次のような高いリスクがあります。
 価格下落の可能性
トークンは、価格が急落したり、突然無価値になってしまう可能性があります。
 詐欺の可能性
一般に、ICOでは、ホワイトペーパー(注)が作成されます。しかし、ホワイ
トペーパーに掲げたプロジェクトが実施されなかったり、約束されていた商品や
サービスが実際には提供されないリスクがあります。また、ICOに便乗した詐
欺の事例も報道されています。
(注)ICOにより調達した資金の使い道(実施するプロジェクトの内容等)やトークンの
販売方法などをまとめた文書をいいます。
○ トークンを購入するに当たっては、このようなリスクがあることや、プロジェクト
の内容などをしっかり理解した上で、自己責任で取引を行う必要があります。
○ ICOに関する不審な勧誘等には十分注意し、内容に応じて、以下の相談窓口にご
相談ください。 金融庁引用

国によっては、ICOを完全に禁止しているところもあります。

例えば中国・・・

ICO(Initial Coin Offering)に対する風向きが変わった。少なくとも中国ではそうだ。アメリカでもSEC〔証券取引委員会〕がICOのリスクを公式に警告しているが、最近急増してきた暗号通貨によるクラウドファンディングを中国の当局は法規を改正して全面的に排除すると決めたようだ。 テッククランチ引用

日本でも、仮想通貨の法律整備されつつあり、仮想通貨の事業を行うには金融庁への登録が必要となります。

考察

今後に関しては、国も法律によっても大きく状況が変わってくるでしょうね。

法律の整備の仕方により、その国のビジネスの加速度にも大きな影響を与えるかと思います。

例えば、インターネット黎明期に日本では検索エンジンを作ることが著作権の関係上違法でした。

検索エンジンでは、効率的に検索するため、ウェブサイトをキャッシュ(一時記憶)するが、これが無断複製にあたる。
またインデックスを付けて一部を表示することは編集に該当し、検索結果を表示することが自動公衆送信になるとされているのだ。 アプギガ引用

この結果どうなったでしょう?

今の状況を見てわかるように、Googleに検索エンジンをすべて持っていかれましたよね。

韓国だとNaver、中国だとBaiduなどは、自分の国で使用される検索エンジンを自分たちで作っております。

そして検索エンジンのシェアを取るというのは、広告代などで大きく収益を上げることができ、次のビジネスにつなげることができます。

現にGoogleは検索エンジン事業だけではなく、様々なビジネスを行い成功しています。

グローバル社会ではインターネットにより、自分の国だけでなく世界とビジネスを行う機会が多いため、各国の法律というのはビジネスにおいて非常に重要です。

ICOに関しても、禁止するか、もしくは許可するかによって大きな影響を与えると個人的には考えております。

それに関しては、日本は世界で一番最初に仮想通貨の法律を作るなど、法の整備に注力してきました。

日本の企業がICOのプラットフォームを完成させることができたら、非常に喜ばしいです。

仮想通貨にまだ参加していない人!

仮想通貨には上記のように、まだまだ世界に広がっていく可能性があります。

少しでも仮想通貨を持っていれば、アンテナが自然に向き情報が入りやすくなるかと思います。

この機会にぜひ参加してみては?

※あくまで投資は自己責任ですので、深くご自身で考察し購入を検討ください。

以下の取引所で、仮想通貨が購入できます。

coincheck

コインチェックはチャートが見やすく、扱っている通貨も多いので初心者にオススメ

ザイフ

トークン系のここでしか買えない通貨も購入できる取引所 

最後までお読み頂き、ありがとうございました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。