【税金】確定申告に便利!仮想通貨の税金計算サービス「BitTax」

GCAT

仮想通貨の税金ってややこしいですよね。そんな問題を手助けしてくれるツールが登場しました!

仮想通貨の税金

仮想通貨の取引により得た利益にも、もちろん税金がかかります。

でもけっこうややこしい・・・

2017年12月現在の金融庁の告示的には、仮想通貨で得た利益は雑所得として計上となっております。

ビットコインをはじめとする仮想通貨を売却又は使用することにより生じる利益について
は、事業所得等の各種所得の基因となる行為に付随して生じる場合を除き、原則として、雑
所得に区分され、所得税の確定申告が必要となります。 金融庁のページから引用

しかも・・・

保有する仮想通貨を他の仮想通貨を購入する際の決済に使用した場合、その使
用時点での他の仮想通貨の時価(購入価額)と保有する仮想通貨の取得価額との差
額が、所得金額となります。 金融庁のページから引用

つまり、日本円に換金しない仮想通貨間の交換だけで税金がかかるということです。

けっこう計算が面倒くさそう・・・

(株)インロビが仮想通貨の損益計算サービス「BitTax」のベータ版をリリース

そんな中、やっぱり出た!という感じ!

仮想通貨取引の損益を自動的に計算するサービスです。

需要はあるので、絶対にこういったサービスはできると思っていましたが、やはりできてくると嬉しいですね!

どんどん仮想通貨のインフラが整ってきています♪

https://bittax.jp/

あくまでまだベータ版とのことです。

ネットでも歓喜の声が・・・

考察してみた

仮想通貨のルールを整備するというのは、個人的には必要なことだと思っております。

ルールがない中だと、いつ潰されるかなどの不安が常に付きまといます。

実際に中国などは急に規制しちゃいましたし・・・

仮想通貨間の交換だけで税金を取るのはおかしいという声も見られますが、ビットコインでの決済サービスが増えている中、こういった措置でしか税金を取ることは難しいのかもしれないですね。

でも、いつか仮想通貨も分離課税のようなルールが整備されるのでは?と勝手に思っております。

分離課税(ぶんりかぜい)とは、ある所得を他の種類の所得と合算せず、分離して課税することをいう。

累進課税制度が採用されている税制では、分離課税の税率が、下段の累進税率を除く累進税率より低く設定されているため、総合課税を選択(適用)した場合と比べて税率の緩和が図られる。

日本の所得税には、次の源泉分離課税と申告分離課税がある。 Wiki 引用

あの堀江さんもこんな発言を・・・

仮想通貨にまだ参加していない人!

仮想通貨には上記のように、まだまだ世界に広がっていく可能性があります。

少しでも仮想通貨を持っていれば、アンテナが自然に向き情報が入りやすくなるかと思います。

この機会にぜひ参加してみては?

※あくまで投資は自己責任ですので、深くご自身で考察し購入を検討ください。

以下の取引所で、仮想通貨が購入できます。

coincheck

コインチェックはチャートが見やすく、扱っている通貨も多いので初心者にオススメ

ザイフ

トークン系のここでしか買えない通貨も購入できる取引所 

最後までお読み頂き、ありがとうございました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。